レビューお礼

聖凪砂さま>

試し読みになったにもかかわらず、レビューを下さりありがとうございました!

社会に出ると、学生の時とは違う経験値がつめるかわりに、苦しいこともあります。
美帆乃は良き上司や先輩に恵まれて、大変だけど良い経験ができました。
そして、失いそうだった大切な気持ちも、そのままで。

三課の三人のように、信念を貫いて生きていくのは難しいですが、目標にはしたいですね。

ありがとうございました!

佐倉伊織 15/06/13 14:59

samurai1さま

あぁっ、すみません。
前回のお返事のお名前が間違ってました。

そう言っていただけると嬉しいです。
改稿の時も、紙になると、印象が全然違って、直すところがいっぱい出てきます。(ダメじゃん)

そして、あの箇所、確認しましたら「行きましょう」に直してました。(笑)
いえいえ、私達書き手は、自分のイメージを言葉にしているので当然わかるのですが、読む方にはわかりにくいこともありますので、教えていただけるのはとてもありがたいです。

書籍で、あぁ、ここ直ってる!とほくそ笑むというマニアックな楽しみ方をしていただけるように(笑)せっせと修正します。

ありがとうございました!

佐倉伊織 15/05/29 15:08

いつも更新されているのをリアルタイムに読んで次の更新を楽しみにしますが、完結されたものを、一気読みすると、また違った発見があって面白いので何度も楽しんでいます。また、紙ベースになるとそれも印象が変わって面白いです。今回も楽しみです。

すみません、意図を考えず、余計なことを言いました。(>_<)

samurai1 15/05/29 00:38

smurai1さま

ありがとうございます!
応援していただいたおかげです。

キャー、もしかしてもう一度読んで下さったのかしら…。

そうなんです。
皆、本当に向こう見ず!!(笑)
ですが、信念あってのことなので、そう行動できることがうらやましくもあります。(私はなかなか…)
笑わせろミッションも、頑張りました。

そしてP321ありがとうございます。
この場面は、実は楠と来た公園の駐車場での話なので、一応は「来ましょう」であっているんです。
改稿でなにかしらの文を追加した気がしますので、確認してみます。

いつも助かります。ありがとうございます!!

佐倉伊織 15/05/28 15:06

書籍化おめでとうございます。
一気読みすると、素敵なお話だと再認識しました。
主人公はもとより、みんな魅力的で。
何より行動が自分のためでなく、相手のことを想って自然に動いていて、素晴らしいです(皆さん向こう見ずですが)。
冷たい上司を笑わせろ!なんてミッション、なかなかです。

もしかしたら321頁の『遊びに来ましょうよ』は、『行きましょうよ』かなと…。

samurai1 15/05/28 01:27

>>全て見る

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。

>>作品に戻る



 ※通報とは?