5日前


「杏里、行くぞー」

『お父さん、待ってよー』




この日、お母さんは同窓会がある為、午後から出かけていた。中学時代の同窓会らしく、電車で3時間程離れた地元へ戻っていたんだ。


お母さんの両親は、お母さんが子供の頃亡くなり、育てのおばあちゃんも、3年前に他界している。



昔住んでいたおばあちゃんの家は、もう無い。だから、お母さんはビジネスホテルに泊まる予定だと言っていた。





今日はお父さんも休みなので、4月17日のお母さんの誕生日プレゼントを買いに、お父さんと2人で出かける事になっていたんだ。



もちろん、お母さんには内緒で。

この作品のキーワード
溺愛  社長  ドン底  裏切り 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。