寝相も寝起きも寝癖も隣合わせの日常


「都世知歩 宵一。今年で21」
「…もう一度お願いします」


同じタイミングで申込みをした二人が
どちらかが出て行くまで同居することになりました。


親しき仲にも礼儀あり。

勝手な干渉…なし。
“異性”として見る…なし。


『…でもまあ、』

『一人で泣くのもなしってことで』



いつか大きな“傷”を救ったのは、誰かの小さな手の平でした。



2014/09/14~
理想の恋愛

この作品のキーワード
理想の恋愛  ルームシェア    ときめき  出会い  憧れ  片想い  ヒーロー  一つ屋根の下 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。