伊東くんは、
私のことが好きらしい。


「小山のことが好きだからだろうが。」


あぁ、この真っ直ぐ瞳が
嘘をついているなんて到底思えない。




(( 続編 完結 ))


この作品のキーワード
同僚  無愛想  告白  短編  ピュア  鈍感  ほのぼの 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。