光も風もすべて遮断したつもりだった部屋に僅かな光が漏れて入ってくる。

カーテン越しの微かな光を背中に感じて北都は目を覚ました。

どうやらまた力尽きるように机の上に倒れこんだらしい。

体を起こすと頬や手に付いていた書類がくっついて、やがて重力に負けて落ちていった。

紙には読みにくそうに書かれた数式や記号がいくつも並んでいる。

舟をこぎながら計算式を書いていたのだと目を凝らして自分の書いた文字を読んでみた。

「痛って…。」

体を伸ばすと凝り固まった筋肉や関節がギシギシと悲鳴を上げる。

どれくらい眠っていたのだろうか、そう思って白衣のポケットから懐中時計を取り出して確認するともう昼は過ぎていた。

立ち上がろうと態勢を変えた瞬間、頭に痛みを感じて手を当てる。

一瞬、視界が歪んだように思えたが気のせいだったようだ。

いや、そう思えるようになるまで暫くの間そのままの態勢でいたからかもしれない。

「落ち着いたか…。」

手を握っては開く動作を繰り返して自分の体を改めて確かめる。

ふと視界に入った足元にある書類の文面を見て眉間にしわを寄せた。

拾い上げて全体を眺めるとどうしようもない気持ちが心を支配して逃げるように北都は目を閉じる。

裏返して机の上に置くと立ち上がり、カーテンを開けて全身に光を浴びた。

瓶の水をコップに注ぐと箱の中にあった錠剤を取り出して口に含み水で一気に流し込んだ。

この作品のキーワード
ほのぼの  貴族  ファンタジー  同居  無愛想  研究者  じれじれ  花火織 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。