「佐波」


私を呼ぶ低い声が心地良い。

夏の夜の寝室。
クーラーのブーンという音、ベッドの軋み、常夜灯のわずかな灯り。


私は大好きな旦那さんの顔を見つめる。
一色褝(いっしきひとえ)、33歳。

通称ゼンさん。
私より6つ年上の愛する旦那さん。


ベッドに座った姿勢で私は彼の唇に口づけた。首に腕を回し、触れるようにキスする。
ゼンさんは、優しいキスで終わらせるつもりはないみたい。

キスを深くしようと彼が顔の角度を変える。
私の後頭部を支え、少し強引に。

ああ、そんな強引なやり方、すっごい好き!


私は彼の身体をぎゅうっと抱き締める。


その時……。


この作品のキーワード
赤ちゃん  育児  大人の恋 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。