あれから10日。私はみなみをお風呂に入れながら考える。
私とゼンさんはさっぱりラブラブできていない。

そもそも毎夜チャンスが巡ってくるわけではない。

ゼンさんは基本忙しい。終電やタクシーで帰ってくることだって多い。
そんな遅くだと私も授乳に疲れ果て、「お帰り」すら言えず、ベッドに沈んでいることもしばしば。

そして、二人がいーいムードになったとすると、決まってみなみ嬢が騒ぎだす。

もう、示し合わせたかのように。



今現在のみなみ嬢は、私が猛スピードで身体を洗うのをバスチェアに転がって見ている。

バスチェアというのは、お風呂の中で赤ちゃんの身体を洗ったり、当座寝かせておける椅子のこと。みなみが使っているのはメッシュタイプで二段階のリクライニングがついたもので椅子というよりはベッドみたい。

我が家はパパの帰宅が遅いため、ほとんど私がひとりで入浴をこなさなきゃいけない。
便利そうで購入したんだけど……、想像以上に役に立つこのお方。

ちょっとみなみを置いておきたい時に大活躍だもん。
うーん、買って正解。

でも、もう少し寒くなったら、みなみを待たせる時間はもっと少なくしなければならない。
私の身体や髪を洗うのは一緒じゃ無理かなぁ……。

この作品のキーワード
赤ちゃん  育児  大人の恋 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。