みなみを床にごろりとひっくり返す。

リビングのラグを敷いた一角。みなみの指定位置で、うつ伏せに。

みなみはしばらく左の頬をラグにくっつけ、

「ううー!あーうー!」

と不満げな声を上げていた。

しかし、ぐっと首に力を入れ、わずかに頭を浮かすではないか!


「すごい!みなみ頑張れ!」


私は一緒になって床に這いつくばり、頭をプルプル持ち上げるみなみを応援する。

これは首座りが近いってことかな!

最近抱っこしても、しっかりしたなぁって気はしてたけど。

この作品のキーワード
赤ちゃん  育児  大人の恋 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。