今までで一番可愛く綺麗に見えるようにニッコリと。

「奏多、別れよう?」


奏多はとても驚いた顔をしていて、返事がない。


「え?怒ってる?俺が帰らなかったから?」


「うーん。それよりもう奏多のこと、好きじゃないの」

嘘だよ。
すごい好き。
でも、奏多の気持ちはきっと私には向かないから。


「まじ、で?」

「うん」

泣かないって決めたから、絶対奏多の前では泣かないって。
奏多の記憶に残る私は笑顔でいたいから。

この作品のキーワード
切ない  大学生  片思い  すれ違い  両思い 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。