お見合いの日、会場で見た彼は写真よりカッコイイ。

自己紹介までしたら、彼は突然謝った。

しかも大切な彼女がいると・・・。

うちの母が強引に設定したのがわかった。

相手の母親は断ったのにと、不満を露にした。

スタスタと帰っていってしまった。

「お母さん、酷いじゃない。」

「だって、うちの会社の親会社よ・・・

少しでも仕事が欲しいじゃないの・・・」

この作品のキーワード
カレカノ  御曹司  令嬢  お見合い  結婚  妊娠  出産 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。