匠が傍に居てくれるようになって、1週間。

私の気持ちが落ち着いたのか、赤ちゃんも危機が免れた。

診察を受けて、『大丈夫ね』と言った。

その日、入院代のことがあるから、匠が1度家に帰っていった。

・・・しばらくすると、美樹達が入ってきた。

夏休みに入ったから・・・。

毎回、課題や授業を受けてたから、単位は問題ない。

「どう?」

「悪阻がまだ、酷くて・・・」

この作品のキーワード
カレカノ  御曹司  令嬢  お見合い  結婚  妊娠  出産 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。