彼と彼の両親と私の家へ向かう。

ドキドキ。

数週間前まで母は、姉の結婚相手と考えていたわけで・・・。

複雑な気持ちのまま・・・自宅へ久しぶりに帰る。

玄関に立ちチャイムを鳴らした。

中から『はい』とお母さん。

「夜分にすみません。清水と申します」

彼のお父さんが対応してくれた。

しばらくして、ドアが開いた。

この作品のキーワード
カレカノ  御曹司  令嬢  お見合い  結婚  妊娠  出産 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。