「ね、あたしと付き合ってよ」

「え、なんで」


一途ユル少女×後輩ヤンキー


あたしね、ほんとに好きだったんだよ。

目次

この作品のキーワード
ヤンキー