莉那のキモチを知って、思わずキスをして、そのまま抱いてしまった。


俺達は幼なじみに戻れないまま…朝が来た。


俺が目覚める頃には莉那の姿はなかった。彼女が寝ていた場所は温かいし、残り香が漂う。


――――――俺は莉那を抱いてしまったコトに後悔した・・・



忘れていたはずの恋情が俺の胸を掻き毟った。


苦しかったはずの想い。


莉那に似た女と付き合い、その苦しさから逃れていた。


13年間ずっと…俺はーーー・・・


伝えたい言葉を何度も言ったが・・・



一つだけ嘘を言った。



一晩ではなく、ずっと俺だけのモノになって欲しかった。

この作品のキーワード
幼なじみ  同窓会  オフィスラブ  上司  不倫  三角関係  ラブコメ  イケメン  溺愛  いちゃいちゃ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。