ーーパタ パタ パタ……




「え………ちょ、」



何か、私の後ろに着いて来てきちゃってるんですけど。


ああ、やばい、何これ。っていうか、とにかく逃げないと。




クロックスの底を若干擦りながら、急いで家へと向かう私は 篠田美紀子(しのだみきこ)


今、誰かに後をつけられています。




いや、誰か…というのも変か。


私の後ろをついて歩いてきているのは、恐らくさっきの男の子だ。

この作品のキーワード
年の差  ペット  居候  ドキドキ  胸キュン  ワクワク  忠犬  アラサー  同居  ほのぼの 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。