その後、夕方6時頃に私と一ノ瀬くんは出勤時間が同じということで途中まで一緒にバイト先へと向かった。




ーーガチャッ



「ただいまー…」




居酒屋のバイトが終わった私の帰宅時間は、日付が変わって夜中の1時30分。


居酒屋でフリーターとなると、いつも帰るのはこのくらいの時間になる。

今日はこれでもまだ、早い方。



私は、もう帰ってきて寝ているであろう一ノ瀬くんを起こさないよう、忍び足でゆっくりと歩いた

この作品のキーワード
年の差  ペット  居候  ドキドキ  胸キュン  ワクワク  忠犬  アラサー  同居  ほのぼの 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。