ービリリッ



「もう11月かー……」



キッチンの壁にかけてある日めくりのカレンダーを破いてくしゃくしゃと丸める



もう、彼がやってきて5日目。

月は、11月になった。




「あ……美紀ちゃん」


背後から聞こえた一ノ瀬くんの声に、私は一度大きく深呼吸


それから、勢いよく振り返り「あ、一ノ瀬くんおはよう!」と大袈裟なくらいの笑顔で挨拶。




「え……っ、あ、お、おはよう」



少し大袈裟すぎたのか、一ノ瀬くんはかなり戸惑いながら挨拶をした。

この作品のキーワード
年の差  ペット  居候  ドキドキ  胸キュン  ワクワク  忠犬  アラサー  同居  ほのぼの 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。