……って、ナイナイ。



「あり得ないでしょ、絶対」


カーペットの上に転がり、ハハハと1人で笑いながらテレビを見る私はまさに悪いアラサーの例だ。



「アラサーと大学生て……しかもフリーターのアラサーね」


絶対、あり得ないわ。



そう何度も自分に言い聞かせるようにしてゴロゴロと転がる




……あ、ちなみに、飼い犬の一ノ瀬くんは大学に行っていて今はいない。


それをいいことに私は今、キャミソール1枚に部屋着の短パンという夏スタイルだ。


まあ、時期的には秋なのだけれど……何にせよもう11月だし。

この作品のキーワード
年の差  ペット  居候  ドキドキ  胸キュン  ワクワク  忠犬  アラサー  同居  ほのぼの 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。