ーー…カチ、カチ……



「8時……59分………」




壁に掛けてある時計を眺め続けてかれこれ2時間くらい。


もう、窓の外は真っ暗だ。




「本当に反抗期じゃん……こんなの」




いつも大学が終われば真っ直ぐ家まで帰ってくるはずの彼が、今日はこんな時間になっても帰ってこない。



彼のいつもの帰宅時間から、もう4時間以上経っている。

この作品のキーワード
年の差  ペット  居候  ドキドキ  胸キュン  ワクワク  忠犬  アラサー  同居  ほのぼの 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。