時が来るまでの自由の代償に―――‥‥。


私は誰かと結婚するらしい。









「‥‥なんでお前なんだよ」

「そ、それは私が聞きたい、です」







それは、私がいちばん嫌いだった―――――‥‥‥






「‥‥お前、俺になに隠してる」

「べ、別になにも……あはは」







私の元、彼氏様でした。







★☆★☆完全無欠な冷徹男☆★☆★


×

○●○●平凡を愛す謎めき女●○●○





この作品のキーワード
元カレ  溺愛  再会  オフィスラブ  面白い  ドキドキ  ラブコメ  胸キュン  過去 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。