「この人こそ、私の運命の人かもしれない…!」


そう、何度思ったことか。


ドラマのような展開を期待するけど


現実はなかなかそうもいかず。


理想とのギャップに耐えきれず


何度別れを選んできたか。


そんな失敗から得た唯一の結論。


それは…


「運命の人なんて、いない。
私自身が、運命の人にするの。」




この作品のキーワード
実話  恋愛  大学生  コメディー 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。