「社長、お疲れ様でした!」

「あぁ、おつかれ」

「本家までお送りいたします」

俺が仕事を終え家に帰ろうと車にのった時だった。

会社の隅にうずくまる人影

「少し待っていてくれ。」

運転手にそう告げ俺は人影に声をかけた…


この作品のキーワード
溺愛  寵愛  イケメン  美少女  暴走族  やくざ  激甘  暴走族