「病気はどうして私を選んだのかな?
私、何か悪いことしたのかな?」

17歳にして病気を宣告された少女
望月 乃愛(もちづき のあ)

「俺が絶対に乃愛の病気なをしてやるから心配するな」

乃愛の兄で都内で有名な大学病院の研修生
望月 琉生(もちづき るい)


「私、将来医者になってお姉ちゃんの病気治すから。
それまで絶対に諦めないでね」

中学1年生にして将来の夢を決め大切な家族を救うと決めた少女
望月 妃那乃(もちづき ひなの)

「丈夫にうんであげられなくてごめんね」

乃愛の母 望月 楓 (もちづき かえで)

「俺の娘だ。
死ぬわけがないだろ」
乃愛の父 望月 駈 (もちづき かける)

「乃愛、私に何か隠してる?」

乃愛の親友 近堂 優希花(こんどう ゆきか)

「俺はお前を死なせない。病気なんかに負けるほど乃愛は弱くないだろ?」

乃愛の彼氏で幼なじみ
酒口 哉汰 (さかぐち かなた)


どうして私ばかり苦しまないといけないの?

誰か教えてよ、そして…………たすけて 怖いよ


初作品です。未熟ですが読んでいただいたら嬉しいです。
よろしくお願いします♪

この作品のキーワード
病気  医者  家族      余命