ああ……、イライラする。
大きく息を吐いて寝転がった。



ちょうど見上げたカーテンの隙間から、雨粒が窓ガラスにぶつかって伝い落ちていく。しばらく間を置いてから、もうひと粒。結構大粒の雨が降り始めたらしい。



すうっと吸い込んだ空気に、かすかに感じられるのはイグサ。部屋の真ん中に敷いてあるイグサのラグの匂い。



もう夏は終わったのに変な感じ。
そんなことを思いつつ壁際の本棚へと手を伸ばしたけど、目当ての本には届かず。あと僅かのところで指先が空を彷徨った。



照れ隠しにうんと伸び上がって、反対側の手を頭上へと掲げる。
ごろりと仰向けに転がるのと同時に、ゆったりとした足音がこちらへと向かってくる。



伸びきった腕の力を抜いて、声のする方へ。



「雨、降ってきた?」



部屋の真ん中のローテーブルと壁際の本棚の間で寝そべっている私を見て、彼が問いかけた。



両手には並々とアイスコーヒーの入ったグラスを持って呆れ顔。
何を今更、ここが私の定位置だとわかってるくせに。


「うん、今降ってきたとこ」

「予報より早いなあ……」



ぼそっと溢れ出たのは、彼のひとりごとだろうか。

この作品のキーワード
紫陽花  秋色  台風    意地っ張り  強がり  ほのぼの  しっとり 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。