王都から北へのびる街道を馬車で丸半日かけて進むと、国中でも特に広大で豊穣なランス公爵家の領地に入る。

ウィルフレッドとキットは、王都にある別邸を昼過ぎに発った。


キットがひとり別邸に残るエリナを軽く抱きしめ、道中様々なことに気を付けるように言うと、それに煽られたようにウィルフレッドからも熱い抱擁を受けた。


ウィルフレッドには、キットに対抗しようとする節と、そうすることでキットを煽ろうとする節がある。


エリナは夕方頃に別邸を出発し、王都の東側にあるコールリッジ伯爵領を目指していた。

1日が長いこの季節なら、おそらく日が落ちる前にコールリッジ伯爵家の邸へ到着するだろう。


ランス公爵領は国の最北までのびており、隣国との間には険しい山々が続くのだが、コールリッジ伯爵領は比較的平坦な土地であり、隣国との交易の場としても栄えている。

多くの旅人や商隊とすれ違い、辺りが茜色に染まりはじめた頃、エリナを乗せた公爵家の馬車はコールリッジ家の邸へと辿り着いた。


「お待ちしておりました、レディ」


そう言って馬車のドアを開けたのは、美しいダークブロンドに深い緑色の瞳をもつ、エリナと同年代くらいの男だった。

コールリッジ伯爵家の長男である、エドガーだ。

この作品のキーワード
ファンタジー  王子様  公爵  恋愛  あまあま  キス  トリップ  溺愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。