エリナは与えられた客間のバルコニーから、夜の帳が下りた中庭を見下ろして、それから頭上に昇る銀色の月を見上げた。

手すりに置いた小瓶の蓋を、指先でコツンと叩く。

好奇心に駆られてほんの少しだけ蓋を開けてみると、甘く香しい匂いが漂ってきた。

この2日でブルーローズとはちみつの境界線がなんだか曖昧になり、花びらの端が溶けてきているみたいだ。


エリナはバルコニーの手すりに両肘を付き、銀色の光をたっぷり吸収する小瓶を腕の間に置いた。

少し開いた隙間から、不思議に甘い匂いが上ってくる。


今夜は、さすがのキットもここにはやって来ないだろう。


屋敷のつくりもわからないし、お互いの部屋もわからない。

王太子が未婚女性の部屋に夜な夜な忍び込むなど、誰かに知られたら大変だ。


そうとわかっているのに、キットのいない3日目の夜はいやに寂しかった。


まだ出会ってから数日だというのに、日に日に存在が大きくなって、もう離れることは考えたくない。

ランバートはエリナが従えばいちばん最初に収穫されたラズベリーをすぐにくれると約束してくれたし、初めほどの苦手意識もなくなったし、きっと明日はなんとかやり遂げられるだろう。

この作品のキーワード
ファンタジー  王子様  公爵  恋愛  あまあま  キス  トリップ  溺愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。