稀斗はむすっとした顔のまま、拾い上げたノートパソコンを弥生の前にどかりと置いた。


「あ、ちょ、もうちょっと丁寧に……」

「とにかく、兄貴ははやく小説書けよ。どういう仕組みかはよくわからんが、向こうとこっちで上手くやれりゃ、戻って来れるだろ」


弥生はまだ半分納得のいかない顔だったが、その両手はちゃっかりノートパソコンを開いている。

どうやら、彼の創作意欲を刺激したらしい。

不安な表情の中に、ほんの少しの期待と好奇心が入り混じり、完全に冒険を前に楽しむ者の顔だ。


その顔を見て、稀斗は小さく笑った。


今、自分も同じような表情をしている気がする。


「き、気を付けて行ってこいよ」


弥生がそう言いながらパソコンの電源を入れるのと同時に、稀斗は壺の中に手を突っ込み、空色のラズベリーを摘み上げる。


「そんじゃ、よろしく頼むよ、"神様"」


その言葉を合図に弥生が画面へ視線を移し、稀斗は禁断の青い果実を口の中に放り込む。



そして瑛莉菜のときと同じように、稀斗は音もなく弥生の前から姿を消した。

この作品のキーワード
ファンタジー  王子様  公爵  恋愛  あまあま  キス  トリップ  溺愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。