「小説は虚構の世界だけど、きみはここで"真実の愛のキス"を探すんだ。それが真実であるかどうかに、夢か現実かは関係ない」


白猫は手すりに寄りかかるエリナに身を寄せ、彼女の肩に匂いをつけるように頭を摺り寄せた。

エリナが腕を広げてやると、その両腕の中にすっぽりと収まる。


昼間のカラスよりはこちらの方がかわいいな、とエリナは思った。


「先生、言ってることが哲学的でよくわかりませんけど」

「がんばってるきみを、迎えに来る奴は必ずいるってことだよ」


優しく撫でてやると、猫は気持ち良さそうに目を閉じる。

エリナは月明かりに照らされて白々と光る毛並みに感心し、その背中を丁寧に丁寧に撫でた。


そして顔を上げて、銀色の月を見上げると、ぽつりと呟く。


「ただの侍女に、王子様は現れませんよ」


戸惑いと躊躇いは、今日でおしまい。

(私は明日から、ここでちゃんと侍女になる)

しばらくして白猫はしゃべらなくなったので、そこに弥生がいるのか、それともただの猫に戻ったのか、エリナにはわからなくなってしまった。

この作品のキーワード
ファンタジー  王子様  公爵  恋愛  あまあま  キス  トリップ  溺愛 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。