ヨミタケ郵便局の入り口が、鈍い音を立てながらゆっくりと開く。


「さあ、こちらですよ」


慌てて出て行ったヨミが帰ってきたのは、おそらく日をまたいでからだ。
俺はうたた寝をしていて、物音に気づいて顔をあげた。

戸口に、ヨミともう一人別の人物が立っている。
俺は自分が見たものが信じられず、瞬きを繰り返した。


「……妃香里?」

「わあ、本当に武俊くんだ」


驚いたように目を丸くして、ショートボブの髪を揺らしてみせたのは、俺の元カノである柳 妃香里(やなぎ ひかり)だった。
お気に入りだと昔言っていたパステルピンクのニットに、ジーンズ素材のロングスカートを着ている。


「え? 死んだの?」

「そうみたい。びっくりしちゃった。えへへ」


いやいや、そんなに呑気に笑うところじゃねぇから。

思わずツッコミを入れそうになって、いや、でも別れた女だったわと口ごもりまじまじと彼女を見つめる。

……あんまり変わんねぇな。
別れて数ヶ月しか経ってないもんな。

去年のクリスマス前に告られたものの、付き合うとは名ばかりで何もせずにいたら、呆れられ振られた。

交際期間、実に一ヶ月半。

まあ自分のせいなんだが、超短かった。

大学が違う妃香里とはそれ以来会うことはなかったんだが。

この作品のキーワード
ファンタジー  未練  郵便局  手紙  恋愛  別れ  連作短編  大学生  黄泉  スタ文大賞