誰にだって泣きたい夜がある。


寂しくて


悲しくて


そんな自分がもどかしくて


どうにもならない夜が…


そんな私を受け止めてくれたのは、


慎吾


あなただった


2014.10.1.~



この作品のキーワード
女医  泣き虫  失恋  MR  大学病院  せつない  甘々