――――・・・・。





けやきの駅の待合室、ガラスの扉をがらがらと開けると、端っこに座ってあたしを待ってる、大好きな人。





「ごめん、おまたせ!」


「おう。来たか。」


「うん!でも今日はなんでけやきの駅で待ち合わせなの?」




あたしたちは左の端っこに座って手を繋ぐ。




「この近辺で・・探しにいこうかと思ってるから。」



「なにを?」



「・・・新居に決まってんだろ。」



「もう!?」



目をぱちぱちさせるあたしを見て、瞬は、にっと笑う。



「物件の冊子持ってきた。見るか?」



「うん・・・見たい!」



「こことか、駅近。」



「でも電車1時間に一本しか来ないよ?」



「いんじゃね?それもそれで。」



「えぇー?でも、そっか。へへっ。」







けやきの駅の端っこは、あたしたちの幸せの始まり。




・・・・そして。それはこれからも。





今日も端っこ、待ち合わせ。






(完)




この作品のキーワード
切ない  泣ける  心臓病  シャイ  可愛い  胸キュン  初恋  ヤンキー    ブルー15