私が15才の時恋した相手は隣に住む20才の大学生だった。


少しだけ化粧をして姉の服を借りて、精一杯背伸びして告白した。


彼が言ったことばが記憶の中に、今でも鮮明に残っている。


【はぁ、何考えてんだ。あまえみたいなお子様相手に、恋愛なんか出来るかよ。】


【10年後お前がいい女になったら、考えてやってもいいけどな。】


悔しいから泣いたりしなかったけど、10年後綺麗になって、あの時振った事を後悔させてやる!


その為の努力は惜しまない。


10年かけて王子様を見つけました

この作品のキーワード
記憶  10年後  初恋  俺様  イケメン  5才差  モデル  社長   

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。