「あ、ちょっと。これ、コピー頼むよ。」




「おい。そうそう、君。コーヒー二つ淹れて、第三会議室に運んどいて。」



「そこの。電話鳴ってるだろう、とったらどうかね。」



「あ。あの人…ほら、ねぇ。アホウドリっていう…」


「ほら、あいつだよ。まあまあだよな。俺もお願いしよっかなー」


「あぁーら、安い女。今は一体どなたのお相手していらっしゃるのかしら?もう社内に相手はいないんじゃなくて?クスクス」



ったく。


どいつもこいつも。


私には、櫻田花音(さくらだかのん)って名前があるっつーの。


おい、とか。

そこの、とか。

君、とか。

あ、とか。



……アホウドリとか。



人の名前ってものを、無視している。


いや…


彼等にとって、私はヒトですらないらしい。

この作品のキーワード
詐欺  スタ文大賞 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。