「佐藤様、お待ちしておりました。いつもご贔屓にしていただき、ありがとうございます。」



お店のドアはドアマンが開けてくれて、ウェイター?いや支配人?がにこやかに出迎える。


そーか。


そんなに儲かってんのか詐欺師。


私は心の中で毒吐く。



「お連れ様がお待ちです」



そう言って案内された席には、いつかの美人が座っていた。


彼女を見た後、思わず自分を見た。



この人を見ると、感じる劣等感。

この作品のキーワード
詐欺  スタ文大賞 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。