今年の夏休みも、姫子さんのお家でのんびりと過ごそう―。



いつもと同じ、場所で、いつもと同じ、夏休み、の筈が。





「俺を匿ってくれない?」




ひょんなことから正体不明の赤茶の髪の逃亡者と暮らすことになりました!?





最初は苦手だったその人との時間は。




気付けば、かけがえのないものとなっていました。





その気持ちを恋と呼ぶことすら、知らないままで。






エブリスタにも掲載しています。

この作品のキーワード
暗い  逃亡者  女子高生 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。