いつもと変わらぬ日々を過ごすようになったのは


秋になってから。



私がこの家に来て1年がたつ頃。




隼たちを見送ると由香里さんがにやにやしながら歩いてきて


「結衣?何頼んだ?」

「由香里さんは?」

「新しい着物」



これは、極道がひとつになったという記念というか


影ながらの功労に対しての感謝というか


まぁそんなもんだというパパと隼からのプレゼント。



どうやら由香里さんは着物を頼んだらしい。



きっと綺麗に着こなすんだろうな。


当然だけれど私の想像した極道の姐さんの着物ではないはず。


だけどそんな着物を着た由香里さんもステキなんじゃないかと


ちょっとだけ想像する。






この作品のキーワード
極道  若頭  バリトン  溺愛  大人の恋  夫婦  任侠  純愛  イケメン  嫉妬 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。