この国で目覚めて一週間後の夜、オレは市街地にあるビルの屋上にいた。予定通り実務に投入されたわけだ。
 ビルといっても、クランベール王国にはあまり背の高い建物はない。首都であるここ、ラフルールの街でもせいぜい五階建てなのだ。
 大陸に点在する古代遺跡保護のためらしい。この遺跡のまわりに街が造られているので、むやみに地面を掘り返せないのだ。
 背の高い建物を建てるには、地中を深く掘って基礎工事をしなきゃならないからな。
 遺跡は考古学の調査対象であると共に、古くから信仰の対象でもあるので、蔑ろにはできないという。

 オレが配属された国家警察局は、その名の通り国の警察機関の総元締めみたいなものらしい。そしてリズが所属している特務捜査二課は、ヒューマノイド・ロボット関連の犯罪を専門に扱う部署だ。オレはそこの備品。
 備品だけど裸のままでは外部での実務に投入できないので、制服が支給された。ブルーグレイのつなぎに黒いブーツ、左腕の肩口付近には青い龍をかたどった警察局のマークがついている。なんとなく白バイ隊員の制服に似ている。
 制服を着てリズと一緒に警察局内を挨拶周りした時には、女性職員に「かわいい」と絶賛された。まぁ、見た目美少年だし。

 この容姿は自分の趣味ではないとリズは主張していたが、絶対こだわりがあるとオレは思う。なにしろ髪を切ることを許さないのだから。
 人間じゃないので切ったら伸びないことはわかっている。だが少し長めの前髪がうっとうしいのだ。
 何度か切ることを交渉してみたが、頑なに拒否された。仕方ないので出動時や訓練の時は前髪をあげてヘアバンドで固定している。視界が遮られるのは各種センサにも影響するし。
 けれどリズはそれすらあまりお好みではないらしい。思い切りこだわってるじゃねーか。


この作品のキーワード
SF  異世界  警察  アクション  ミステリー  主従  転生  恋愛要素薄め  ロボット  近未来 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。