国家警察局のある官庁街から港湾地区までは少し距離がある。オレたちは警察局所有のエアカーに同乗して現場に向かうことになった。

 エアカーには地球の車と違ってハンドルやペダルはないが、操作パネルといくつかのレバーが並んだ運転席はある。そこへ班長が座り、オレは促されて隣に座った。
 班長がタッチパネルを操作して行き先を指定すると、エアカーはオートパイロットで動き始める。人が運転することも可能だが、何か不測の事態でもない限り、基本的に人が運転することはない。

 微かな浮遊感の後、エアカーが移動を始めた。徐々に加速しながら、道路の上に浮いた状態で振動も騒音もなく滑るように進むエアカーに、ちょっとうきうきする。
 実はエアカーに乗るのは初めてなのだ。
 初仕事の時は官庁街の近所だったので、移動は歩きだった。
 初めてのハイテクカーに浮かれているのを、班長に悟られてはまた怒鳴られかねない。オレは努めて表情を固くした。
 それが裏目に出たらしい。
 班長はいつにも増して不愉快そうにオレを見つめる。

「コンビを組むのが不愉快なのはオレも一緒だから、普通にしてろ。怪しまれる」
「すみません。エアカーに乗るのが初めてなので、少し緊張してるだけです」

 浮かれてるとは言わない。すると班長は少し目を見開いた。

「ロボットも緊張するのか?」

 やばい。人間くさすぎたか。
 中身が人間だとばれる心配はないが、ロボットらしくするのも結構大変なのだ。
 オレが返答をためらっている間に、班長は勝手に納得していた。

「バージュモデルは本当に人間っぽいな」
「そうですか?」
「あぁ。だから気に入らない。調子が狂う」
「そうですか」

 なにかイヤなことでも思い出したのか、班長は顔をしかめて目を逸らす。


この作品のキーワード
SF  異世界  警察  アクション  ミステリー  主従  転生  恋愛要素薄め  ロボット  近未来 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。