確かに彼女が喜ぶ顔は見たかった。
スイーツ好きな理子が、両手でも抱えきれないほどのスイーツを前にしたら、どんな顔をするのか見たかったわけだが。

なんだか面白くない。

他人にいったら、おい! と突っ込まれそうだが、納得がいかない。

あんな幸せそうな笑顔……オレに向けてしたことがあったか?

そう。
早い話が一樹は、自分が持ってきたスイーツの数々に妬いているのだ。

「大丈夫! 一樹の分も美味しく食べるからねっ」

ニコッと笑う理子を素直に喜べない俺は、心が狭いのだろうか?

「あっこれ、美味しい! このイチゴ、すごく大きいけどアイベリーかな?」

一口食べては一樹に感想を述べている。
愛おしそうに見つめる先は、スイーツ。

いや、スイーツに妬く必要はないはずだ。
俺だって理子に愛されているはず……だ。

どうやら己の考えに自信がなくなってきたらしい。

なんてことだ!!
俺には積極的にキスもしない理子が、スイーツにはディープキスをしている!

この作品のキーワード
ラブラブ  恋人  スイーツ  あまあま  嫉妬  アイドル  芸能人 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。