あぁ、もうボロボロだ。

体も、心も。


二十五歳を超えたあたりから、疲れが翌日に繰り越すようになった。

二十六歳になると、ファンデーションが上手くのらない日が多くなった。

そして二十七歳になった今は、華の金曜だというのに飲み会へ行くことすら億劫になった。


パソコンの電源は落としたものの、まだ椅子からは立ち上がれずにいた。

午後九時のオフィスに人影は無く、窓の外は空の黒とビルの人工的な照明が広がっている。

「はぁ……。」

帰ることすら面倒だ。力が出ない。立ち上がることすら億劫。

思わず出たため息は、冷たいオフィスに消えた。


いつまでもここにいるわけにはいかない、といい加減思ったところで、不意に扉が開いた。

静まった空間に音をたてて入ってくる人影。

それに驚き、デスクへ突っ伏していた体を起こす。

そこに現れたのは、真っ黒なショートヘアをした青年だ。


「あれ、まだいたんスか。」



この作品のキーワード
短編  オフィスラブ  後輩  アラサー  告白  年の差 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。