「すみません!」


慌てて離れようと背中を仰け反った。


すると部長は、片手で私の肩を掴み、そのまま自分の胸に私の身体を引き寄せた。


心臓の音が聞こえる。


速いリズムで鳴るこの音は、私の心臓か、それとも……。


「……部長?」


 恐る恐る名前を呼ぶ。


嫌なわけでは決してない。


でも、どうしてこんな体勢のままでいるのか聞かずにはいられなかった。


けれど部長は何も答えない。


雨音と心臓の音だけが耳に届く。


部長は胸に私を引き寄せたまま、空いている方の手で自分のシートベルトを外し、そのまま助手席のレバーに手を回してシートを倒した。


そして、私を助手席のシートに仰向けに寝かせ、組み敷いた。


部長は私を見下ろしたまま何も話さない。


鳴り止まない雨音が、車内に響き渡っている。


部長の顔が私に近付いて来ると、ギシリと音がして助手席が軋んだ。