黒木 マリン 二十歳


青く澄んだ海しかない小さな島で 祖父と暮らしていた。
私の父は アメリカの兵士で
母は恋に落ち 私が生まれた。


任務を終えて 本国に戻って 母と私を
迎えに来ると約束した父を待ち 
私を連れて 祖父が暮らす 小さな島へ戻ってきた。

だけど父はいつまで待っても戻って来ない・・・・・。
業を煮やし父に会いに行った母は
もう二度と戻ってくることはなかった。


父は本国に家族がいて
家族を捨てることはできないと
迎えに行った母に 非情にもそう告げたらしい。


そして母は 父の前で
自ら命を絶ったと

祖父が 私に語ってくれた。


「マリン……自ら命を絶つなんて
おまえのかあさんは 弱い人間だな」


美しい絵を描く祖父は そう言って私の頭を撫ぜてくれた。


この作品のキーワード
奥様  結婚  年上  御曹司  契約  激甘 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。