「フフフ・・・・・」

自然に笑ってしまうのだった。
それは これ!!!


左薬指に輝く マリッジリングに ニヤけてしまう。
偽りでも何でも


浩一郎とお揃いの夫婦の証


クリスマスの思い出は一生忘れない・・・・・。


しかし 浮かれてばかりはいられないのだった。
お正月は


とうとうあの長谷一家とまた顔を合わせるんだ。


「あのじいさん 今度じいちゃんのこと
バカにしたらあの ハゲ頭叩いてやるんだから!!」


そのままのマリンでいいって
浩一郎が言ってくれたもの・・・・・・・。


「やってやるわ~~」


おせち料理のサイトを真剣に見る。


「くりきんとんに 昆布巻きに・・・・・
何何・・・・うま煮………」


しかしちょっと待って・・・・・
重大なことを思い出してしまった。


このお仕事の終わりは 成功だった。
というと 長谷一族に 認められたらダメだってこと?


成功の意味が今一つよくわからないけど・・・・・


「とにかくやるしかない」

とりあえず 長谷一族にバカにされないように
私もプライドを持って 闘いに挑まなくちゃ!!!

この作品のキーワード
奥様  結婚  年上  御曹司  契約  激甘 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。