家庭教師の代償。
彼が私を抱いた理由。

そして、いなくなった。
数年後に届いたのは事故死の便り。

なのに・・・。


“「わざわざ今泉は死んだという演出をしたということは、
過去を知っている我々は邪魔かもしれない」
少し真剣みを帯びた声に、麗華は美和を見上げた。
「あまり目立たないほうがいいな。
 下手すると、消される」“


“「こんな偶然ないでしょ。
 だから、誘っているんだけど。
 久々に同級生同士、夕食を食べながら近況の報告って、どう?」“

パーティーでの再会。
死んだはずの彼は、名前が変わっていた。
そして誘い。


“「宮内麗華さん、結婚してくれませんか?」
いつも通りの静かな微笑。
他人事のようだ。“


彼は何を企んでいるのか・・・。


~…いつだって、それが『願い』なのだ。
Smile
彼女に対して。
もし、たとえこの先、会えなくなっても。
ただ。
それだけを願っている~



<気付いたら、ランクインしていました。
 年の瀬のプレゼントです。
 みなさま、ありがとうございました。
 2014/12/29>

この作品のキーワード
御曹司  すれ違い  シンデレラ