・・・



「…thinking out roudっていうんだ、
この曲。」



呟く彼の声にはっと我にかえる。

いつのまにか曲は終わっていて、
まわりは私と彼以外いなかった。



「あの…!
…えっと…すてき…でした。」

また、彼がくすくすと笑う。

「ありがとう。」

彼がギターをしまうのをみつめる。

「……あの!

…またきます……!」



彼は目だけこちらを向いて、そう、と呟いただけだった。