「じゃあ。次の予約の時には、紺野さんを誘うよ」


 私は返事が出来なかった。


 代わりに顔がアツくなって、もう新川さんを見るなんて出来なかった。
 王子様が豹変しちゃうなんて、そんなの想定外。
 だから、私の心の準備も出来ない。


「で、もういいですか? お客様」


 はっと顔を上げたたら、隣には友部さんが居た。
 どうしようかと言い訳を考えていると、私にパーカーをかけてくれた。


「もう、閉店なんで」
 友部さん・・・。
 怒ってる?

この作品のキーワード
三角関係  バーテンダー  イケメン  オフィスラブ  アラサー  理想の恋  じれじれ  不器用  王子様  逆ハー 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。