そして電車が来た時にホームに立つ私は異変に気が付いた。
 見知らぬ男性が、やたらと私に近寄っているのだ。


 ヤダ!


 私は電車がホームに来たのを見計らい、飛び乗った。
 怖くてドア付近で固まっていると、なんとソイツは私のお尻を触ってきた!


 ヤダヤダ!
 助けて!


 私は声も出ずにいた。
 すると、突然お尻の不快な感触がなくなった。


「やめろ」
「なんのことだよ?」

この作品のキーワード
三角関係  バーテンダー  イケメン  オフィスラブ  アラサー  理想の恋  じれじれ  不器用  王子様  逆ハー 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。