「………ん……」





自分の口から洩れた声で、あたしは目を覚ました。






まだ夜は明けていないらしく、周囲は闇に沈んでいる。



見えるのは、ベッド脇の窓にかかっているカーテンの、細い隙間から洩れる弱々しい明かりだけ。





しばらくその光をぼんやりと見つめていたあたしは、ゆっくりと頭が覚醒していくにつれ、なんかおかしいぞ?と気づいた。





あたしの住むアパートの寝室には、窓はんてないのだ。






それに思い当たったとき、あたしはかっと目を見開いた。






………えっ?



ここ、どこ!?






この作品のキーワード
オフィスラブ  大人の恋  同僚  上司  毒舌  浮気  俺様  無愛想  イケメン  ナルシスト 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。