蓮見はぼりぼり頭を掻きながら、リビングのソファにどかっと腰をおろした。



大口を開けてふわっと欠伸をして、床に放り出してあったリモコンを拾いあげると、テレビをつける。




そのままふんぞりかえった姿勢でニュースを観はじめたので、あたしは耐えかねて声をかけた。






「………ちょっと、蓮見」





「あぁん?」





「朝ご飯は?」





「は?」





なぜか不審な顔をする蓮見。




なんでよ?


あんた、さっき、自分で言ったじゃん。


『朝メシくらい食べてけ』って。



だからあたし待ってるんですけど!?





それなのに蓮見は、当然のことを言うかのような態度で、驚くべきことを言った。






「お前、つくれよ」





この作品のキーワード
オフィスラブ  大人の恋  同僚  上司  毒舌  浮気  俺様  無愛想  イケメン  ナルシスト 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。