あたしと橋口さんによる個別指導の甲斐があってか、福島くんは今のところ、蓮見から爆弾を落とされることもなく、毎日がんばっている。





あたしはやっぱり毎日、蓮見の横暴に耐えている。




でも、いいんだー。



なんせ、今は家に帰れば吾郎がいて、あたしを癒してくれるからね♪







「………なんだよ、へらへらしやがって。


気持ち悪いぞ」







こーんなことを蓮見のバカが言ったって、今なら広ぉい心で受け流してあげられるのさ。








「ふふん、プライベートが充実してるのが顔に滲み出ちゃったの。

非リア充さんには刺激が強かったかなー」







「滲み出るどころか、垂れ流しだよ。

迷惑以外の何物でもないから、即刻中止してくれ。

誰もお前のプライベートなんか知りたくない」








蓮見は相変わらずの毒舌で、ばっさりと断ち切るように言った。







この作品のキーワード
オフィスラブ  大人の恋  同僚  上司  毒舌  浮気  俺様  無愛想  イケメン  ナルシスト 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。